キッチンを綺麗な状態にしよう

ほとんどの汚れは、重曹を使うことで綺麗に落とせます。 シンク専用の洗剤がなくても良いので、掃除したいと思ったら重曹を用意してください。 重曹は、シンク以外の場所も掃除できます。 これだけで自宅が綺麗になるので、いつでも使えるよう購入しておきましょう。

アルカリ性の汚れを落とす

シンクは水垢が付着しやすいので、クエン酸を使って除去してください。 水垢はアルカリ性なので、酸性のクエン酸で綺麗になります。 クエン酸も重曹と同じように、水で薄めて使ってください。 掃除が全て終わってから、仕上げにクエン酸を吹きかける方法もおすすめです。

クレンザーを使う場合の注意点

頑固な汚れがどうしても落ちない場合は、クレンザーを使ってください。 クレンザーは非常に強力なので、どんな汚れでも落とすことができます。 しかし強い力を入れて擦ると、シンクが傷つく恐れがあると忘れないでください。 軽い力で、すばやく掃除を終わらせましょう。

重曹があると便利

重曹を使うことで、ヌメリを綺麗に落とすことができます。
市販の重曹は、粉末状になっていることが多いです。
そのままヌメリの気になるところに散布するか、水で薄めた重曹を吹きかけてください。
30分ほど放置しておきましょう。
それからスポンジで擦ると、ヌメリも汚れも綺麗に落とすことができます。
しかし定期的にシンクを掃除しないと、効果を発揮することは難しいです。
気が向いた時だけでなく、シンクの掃除を習慣化させてください。

クエン酸を使うのも良い方法です。
水垢を落とせるので、シンクが綺麗になるでしょう。
毎日料理をした後に、水気を拭いていると思います。
それでも水垢がシンク内や蛇口に付着してしまうので、クエン酸を使って落としてください。
水垢は、アルカリ性です。
そこで酸性のクエン酸を使うことで、綺麗に落とせるという仕組みです。
クエン酸を吹きかけると、これ以上汚れないように予防できます。
吹きかけて一定時間置いたら、しっかり洗い流しましょう。

クレンザーを使っても良いですね。
頑固なヌメリや汚れを落としたいなら、クレンザーを少量使ってスポンジで擦ってください。
少しだけ使うという部分がポイントです。
クレンザーを使用すると、摩擦が生じます。
たくさんの使うと摩擦が大きくなって、シンクが傷ついてしまいます。
すると傷にバイ菌や汚れが入り込んで、綺麗に掃除できなくなるでしょう。
傷つかないように少量のクレンザーで、優しく擦りましょう。